ヒロシコ

 されど低糖質な日日

身辺雑記

映画館に行くというと「お金があるんだね」と言われることが多いという話に僕も同意する

togetter.com はてなブックマーク経由で読んだ。読んだというかTogetterのまとめ記事なんだけど。ブックマークコメントも含めてフムフムという感じでまとめ読み。大本のツイートはこちら。 映画が趣味なんだけど pic.twitter.com/pKBTAEHWo7 — pon×2 (@ponpo…

「自分が人にされて嫌なことは人にしない、あなたが人にしてもらいたいと思うことを人にしなさい」は正しいのか?

インターネットをのぞいていると、ときどき自分が思いもよらなかった他人の意見や感情に出会って驚かされる。たとえば、飲食店で食べたり飲んだりして店を出るとき、「ごちそうさま」ということに抵抗がある、という人の意見がある。「ふ~ん、世の中にはそ…

庄野潤三の小説とオムライスの思い出

「かきまぜ」というのは、四国徳島の郷土料理でまぜずしのことだ。このかきまぜが、庄野潤三の小説には必ずといっていいほど登場する。庄野のお父さんお母さんが徳島の出身で、潤三と結婚した奥さんはお義母さんから作り方を教わり、以来、父母の命日やお盆…

ある日のタリーズでの出来事について

コーヒーについていろいろ書きたくなることがある。お酒をのまない僕は、コーヒーにはちょっとうるさい。ということはなくて、ほんとうはただのコーヒー好き。といっても、銘柄にとくべつこだわりがあるわけでもない。ふだん家でのむのはブレンドだし、外で…

東京に上京したのだ

やらないでする後悔よりやってする後悔のほうが…… やらないでする後悔よりやってする後悔のほうがマシ、とはよくいいますね。でもこれほんとうにそうかなあ、とちょっと疑問に思うこともあって、ふつうに考えれば、「やっぱりやめときゃよかったなあ」という…

主要コーヒーチェーン20のなかで僕が好きな店(更新2018.8.8)

糖質制限をしていると外出先での飲み物といえば僕の場合水やお茶を別にしてほぼコーヒー一択。なので疲れてちょっと一休みしたいときには迷わずコーヒーチェーン店に入るわけだが、もともとコーヒー大好きなのでそれでいっこうに困らない。その日の気分によ…

東伏見稲荷神社は都内随一のパワースポットである

前回のエントリでは東京から日帰りで伊勢神宮や出雲大社に参拝する方法について書いた。これは都内にある本宮の遥拝殿あるいは御祭神を分祀する場所を紹介したものだった。そのときの記事がこちら――。 roshi02.hatenablog.com では伊勢神宮や出雲大社に負け…

縁結びに御利益がある伊勢神宮や出雲大社に都内に居ながら日帰りで参拝できる方法教えます

江戸時代の庶民にとってお伊勢参りは一生に一度あるかないかの楽しみだった。道中の宿泊費などを工面するのはそうとう大変だっただろうしなにより江戸から伊勢まで徒歩で往復一ヶ月近くもかかったと言われるから無理からぬこと。現代では新幹線や夜行長距離…

話題のブックカフェ「梟書茶房」に行ってきた~池袋Esola(エソラ)4Fに誕生した都心の癒し空間

ようやく梟書茶房(ふくろうしょさぼう)に行ってきた。本とコーヒー好きにはたまらない話題のブックカフェ。オープンしたのは今年(2017年)の6月30日だから遅れることはや半年。その間SNS上で目にする評判に逸る気持ちばかりが膨らんでいた。場所は池袋Eso…

『ゴッホ~最期の手紙』と『運慶展』

夜には雨が降るでしょうと天気予報はいっていた。久しぶりの休日で午前中はゆっくり寝て過ごし昼前に折りたたみ傘を携帯して家を出た。向かう先は上野。陽は差していないけれど風がないぶん思ったほど寒くは感じなかった。上野での目的はふたつ。ひとつはで…

嫌われ政次の一生~『おんな城主直虎』高橋一生さん退場の巻あらすじと感想ついでに最終回のサブタイトルも予想しました!

日曜日の夜。大河ドラマ『おんな城主直虎』(第33回)高橋一生さん退場の巻を見る。いやあ面白かったなあ。すばらしく面白かった。面白いといっても涙なしにはとてもじゃないが見られなかった。もう滂沱の涙涙涙であった。いま僕が見ている唯一のテレビドラ…

牛乳石鹸のCMのお父さんがもし西島秀俊さんだったら

こんな辺境ブログへたどりつくみなさんのことだから例の牛乳石鹸のWEBムービーに対する反応の過熱ぶりにはいささかうんざり気味というかはっきり飽きている頃なんでしょうね。 までもいちおう念のためリンク張っときます。 牛乳石鹸 WEBムービー「与えるもの…

タイムマシンが発明されたらやってみたい10のこと(10以上あるけどね)

昔の自分に戻ってやり直したいとかいつのころなら戻ってもいいかという話になっても僕には戻りたいと思う過去などない。ましてや清算したいと思う過去なんてものもない。誤解しないでほしいのはだからっていまがいちばんいいわけでもいまのままで十分満ち足…

世界中のありとあらゆる小さな物語のうちで僕がくり返し思い出すもっとも大好きな物語

いまそこにある危機 72回目の終戦の日を前に米朝の緊張はよりいっそう増し、まさに一触即発さながら両政府首脳のチキンレースの様相を帯びてきた。すでに日本政府は内閣官房の国民保護ポータルサイトで、もし北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本国内に落…

ジャパネットたかたで買った新しいルームエアコンがやって来た

買ってから10年以上経つエアコンの調子がすこぶる悪かった。ふだん電気関係のことでなにかと面倒を見てもらっている町の電気屋さんに来てもらった。さすがにもう古すぎて室外機がほぼ使いものになりませんねと最後通告を受けた。数週間前のまだ7月になったば…

夏の土用の丑の日のうなぎと『her/世界でひとつの彼女』~あるいは代替品といわれるものの悲しみについて

昨日7月25日は夏の土用の丑の日だった。例年わがやでは、商店街の外れにある割烹の店先で焼いているウナギの蒲焼きと白焼きと、それに肝の串焼きを少しだけ買って家族4人で分けあって食べることにしている。今年の土用の丑の日はおもいのほか蒸し暑さ全開で…

訪問販売の屋根修理詐欺に遭いかけた話

「屋根修理詐欺」というよくあることなのか非常に珍しいことなのかわからないけれどともかくそいう詐欺に遭いそうになった。あとから振り返るとこれがなかなか面白い話だったので(実害がなかったからいえることだが)記録的な意味もこめて時系列に沿って事…

Amazonプライムデー2017に参加してKindle paperwhiteを買った

福岡と大分を襲った九州北部豪雨の被害はいまだ全貌がつかめないまま、すでに多数の死傷者や家屋の倒壊・集落の孤立などまさに壊滅的な様相を見せている。「被災地」という言葉がけっして他人事ではなく、次いつ自分が住む町や地域に冠せられるやもしれぬと…

有給休暇

いまは3ヶ月に一度になった今日は糖尿病の定期健診の日。会社には通院ということで有給休暇をもらった。午後に家を出て電車とバスを乗り継ぎいつもの大学病院へ。到着後すぐさま採血・採尿を済ませ結果が出るまでの1時間余りを病院の待合室で過ごす。今日の…

小さな成功体験を積み重ねるのは大きな成功のための手段ではなく、むしろそのことじたいが目的であるという考え

いきなり今回のエントリの結論になるが、これ以上でもこれ以下でもなくタイトルどおりのことを近ごろの僕は考え意識して実行するようにしている。小さな成功体験を積み重ねるのは大きな成功のための手段ではなく、むしろそのことじたいが目的であるという考…

俺、自分になら負けてもいいけどなあ~『じゅん散歩』高田純次さんの名言

たまにはテレビのことなども。といっても目下僕が熱心に見ているのは、日曜夜の『おんな城主直虎』とその余勢をかって『小さな巨人』くらい。平日は夜ごはんを食べながら『ニュースウオッチ9』を見るくらいがせいぜいだ。あとは、スポーツ中継や他の家族が見…

決め手に欠く豚冷しゃぶのタレは結局どれが正解なのか? 問題を考える

梅雨入りを前にして東京でも早くも30℃を超える暑さの日がある。ましてこれから本格的に暑い夏を迎えるにあたり、悩むのが毎晩の食事のメニューだが、冬場の食卓がほぼ鍋一択であるように、夏はこれはもうなんといっても豚冷しゃぶ一択でいいんじゃないか、と…

僕もとうとう「がま口財布男子」になった!

突然ですが、みなさんはどんな小銭入れを持っていますか? そもそもお財布は札と小銭入れを別々に持っていますか? 僕は基本、お札はマネークリップで、小銭は小銭入れに入れて持ち歩いています。ちなみにカード類はまとめてパスケースです。さてマネークリ…

2016年買ってよかったもの~僕はAmazonで便座を買ってプライム会員になった

もはやなんのひねりもなくまさにタイトルそのまんまである。あえて言い換えるなら2016年に買ってよかったものベスト1はAmazonで買った便座ということだ。あるいはわがオンボロ住居の取りつけてから(便器だけに)ウン十年という経年劣化によって割れた便座を…

そもそも手帳って必要なの?

あっという間に11月になり、そろそろ来年のカレンダーや手帳が話題になってきた。手帳といって僕がまっさきに思い浮かべるのは『舞踏会の手帖』という戦前のフランス映画のことだ。未亡人となった若い女性がはじめて出た舞踏会の手帖を頼りに、昔いっしょに…

あのころの未来に僕らはいま立っているのかなあ?

■某月某日僕の第ウン十ウン回目の誕生日。さすがにこの歳にもなると、その日が誕生日だってことを事前にアピールするのも厚かましい気がするし、かといってシレっと忘れたふりを貫きとおすほど神経も図太くないので、家族がいざ夜ごはんを兼ねたささやかな誕…

その「大丈夫ですか?」に少しイラっとする

「見られる」を「見れる」と言う「ら」抜き言葉や、「○○させていただく」のような「さ」入れ言葉に代表される、いわゆる日本語の乱れがひところかしましく叫ばれていたが、昨今ではそれも容認する風潮にある。あるいは、「ご注文は以上でよろしかったでしょ…

女性のズボンのチャックが全開していたらそれを相手に教えてあげるべきだろうか?

水曜日。午後のうっつら眠くなる時間帯を襲った1時間あまりに及ぶ東京大停電。あとからわかったことだが、都内に電気を供給する埼玉県の無人変電所の地下施設内での火災が原因だったらしい。すわテロか、と職場でも一時騒然となった。結果は自然発火による火…

築地市場の豊洲移転問題は夫婦関係を悪化させる

朝の情報番組でやってた築地市場の豊洲移転問題を見ながら僕が、「これもういい加減飽きたよなあ」と正直なところを呟くと間髪を入れずカミさんが、「そんなことないわよ。大事な問題なんだからもっと徹底的にやるべきよ」と言い返してきた。カミさんは東京…

平易なのに読めない漢字ベスト10

「躊躇(ちゅうちょ)」とか「薔薇(ばら)」とか「檸檬(れもん)」というアホみたいに画数の多い漢字を、辞書も見ずにさらさらと書ける人は実にかっこいい。「侃侃諤諤(かんかんがくがく)」とかね、なんだか火星人と金星人が連なって歩いているような四…